ドコモの違約金の金額は?解約月の調べ方から対策まで紹介!

 

 

 

MNPで他社に乗り換えたら違約金1万円もかかったー!

 

 

こんな経験ありませんか?

 

ドコモの2年縛りはかなり条件が厳しいので、上手くタイミングを見計らわないと違約金が発生しちゃいます。

 

 

できれば違約金は払いたくない。。。

 

 

そこで当サイトでは、違約金が発生しないように「いつ解約をすべきか」確認する方法と、違約金が発生しても負担を減らすための対策を紹介していきたいと思います。

 

 

ドコモでは2種類の違約金が発生する

 

ドコモの違約金というと、
「2年以内に解約した場合に違約金が発生する」
というイメージが強いですが、厳密に言ってしまうとそれだけではありません。

 

まず、ドコモの違約金は2種類あります。

 

  1. 契約更新月以外の解約による違約金
  2. 端末購入サポートによる違約金

 

「契約更新月以外の解約による違約金」が、2年以内に解約した場合の違約金です。

 

それでは、それぞれの違約金がどういったものかを見ていきましょう。

 

 

契約更新月以外の解約による違約金

 

ドコモでは契約期間が過ぎると、自動で契約が更新されてしまいます。

 

しかし、契約が更新される前に契約を継続するか止めるかを選ぶことのできる期間が2ヶ月間あります。

 

それが契約更新月と呼ばれる月です。

 

契約満了月の翌月と翌々月の2ヶ月間が契約更新月に当たります。

 

この契約更新月以外に解約をすると、違約金が発生します。

 

 

契約更新月の確認方法

 

契約更新月はホームページから確認できます。

 

My Docomoから「ご契約内容確認・変更」を開きます。

 

すると、「契約満了月」を確認できます。

 

契約満了月は契約が終了する月のことで、契約更新月は契約満了の翌月と翌々月の2ヶ月間になります。

 

違約金の金額はいくらか

 

あなたが加入しているプランによって違約金は変わってきます。

 

プランごとの違約金については以下の表に記載しているので、あなたの加入しているプランをご確認ください。

 

 

[プランごとの違約金一覧]

料金プラン 契約期間 解約金

・カケホーダイプラン(定期契約あり)
・カケホーダイライトプラン(定期契約あり)
・データプラン(定期契約あり)
・デバイスプラス 500(定期契約あり)

2年間 9,500円(税抜)

・Xiデータプラン フラット にねん
・Xiデータプラン ライト にねん
・Xiデータプラン2 にねん

2年間 9,500円(税抜)
タイプXi にねん 10年未満(※1) 2年間 9,500円(税抜)
タイプXi にねん 10年超 1年間 3,000円(税抜)
Xiデータプランにねん 2年間

■24か月以下
契約期間に応じて25,600円(税抜)から9,500円(税抜)の解約金がかかります。
※初月以降700円(税抜)/月ずつ低減します。

 

■契約満了月の翌月(更新月(25か月目))以降
9,500円(税抜)

 

 

端末購入サポートによる違約金

 

ドコモでスマホやタブレットなどを購入するときには、割引サービスを利用できます。

 

割引サービスの中には、「端末購入サポート」と呼ばれるサービスがあります。

 

端末購入サポートは12ヶ月の継続利用を条件に、割引を行ってくれるサービスです。

 

違約金の発生条件

 

購入日(開通を伴う場合は開通日)の翌月1日から起算して12ヶ月経過する前に、以下の手続きを行った場合に違約金が発生します。
※なお、購入日(開通を伴う場合は開通日)が1日の場合は、当月から起算します。

 

  1. 機種変更を行った場合
  2. FOMAへ契約変更を行った場合
  3. 回線の解約、電話番号保管を行った場合
  4. ドコモの指定パケットパックの廃止・廃止予約、ドコモの指定パケットパック以外への変更・変更予約を行った場合
  5. ドコモの指定基本プラン以外への変更・変更予約を行った場合

 

 

違約金の金額はいくらか

 

端末購入サポートの対象となっている機種ごとに、違約金の金額が異なります。

 

ドコモの各製品ページをご確認ください。

 

 

 

違約金の負担を減らす2つの方法

 

違約金は高いですが、負担を減らす方法は2種類あります。

 

  1. キャッシュバック乗り換えをすること
  2. 格安スマホへ乗り換えること

 

それぞれにメリットがあります。

 

 

キャッシュバック乗り換え

 

キャッシュバック乗り換えの1番いいところは、現金が戻ってくるため、初期費用の負担が抑えられるということです。

 

さらに一括0円のスマホ端末を扱っているところを利用すれば、乗り換えのための初期費用も安くなります。

 

 

最新機種に乗り換えつつ、得をしたい人におすすめです。

 

 

[おすすめのキャッシュバック乗り換え専門店]

おとくケータイ.net

 

 

 

格安スマホへの乗り換え

 

格安スマホへ乗り換えて良いところは、1ヶ月のスマホ料金が安くなることです。

 

1ヶ月あたり数千円安くなります。

 

スマホにかけるお金を少なくしたい人におすすめです。