ドコモを契約するよりも安い!?格安SIMのカケホーダイプラン

 

 

 

ドコモやauなどのキャリアを契約すると、カケホーダイプランを契約しなければいけません。

 

しかし、もう少し料金の安いカケホーダイプランに入りたいという方も多いハズ。

 

そこで登場するのが格安SIMです。

 

 

格安SIMにも、実はカケホーダイプランがあります。

 

ドコモのカケホーダイプランよりも、格安SIMのカケホーダイプランの方が安く使えます。

 

 

ドコモのカケホ―ダイプランの最安値はどれくらい?

 

ドコモは1人で契約する場合と、2人以上で契約する場合では安さが変わってきます。

 

1人で契約する場合は、下記のようになります。

 

項目 金額(税抜き)
カケホーダイプラン 2,700円
spモード 300円
データSパック 3,500円
合計 6,500円

 

 

夫婦2人で契約する場合は、シェアパックを利用するとデータパックよりも安く契約できます。

 

新しく追加されたプラン「シェアパック5」を使えば下記のようになります。

 

 

契約者 カケホーダイライトプラン パケットパック spモード 夫婦合計
1,700円

[シェアパック5]
6,500円

300円

 

 

11,000円

1,700円

[シェアオプション]
500円

300円

 

 

シェアパック5によって、カケホーダイライトプランを使えば1人当たり5,500円まで下がります。

 

しかし、これでも高いと言わざるを得ません。

 

 

格安SIMのかけ放題について

 

キャリアだけでなく、格安SIMにもかけ放題は存在します。

 

格安SIMには、ドコモと同じようなかけ放題からユニークなかけ放題まで用意されています。

 

楽天モバイルの5分かけ放題オプション

 

楽天モバイルでは、ドコモのカケホーダイライトプランと同じように5分かけ放題になるオプションが用意されています。

 

その名も「5分かけ放題オプション」

 

月額料金850円(税抜き)で契約できます

 

5分かけ放題の対象となるのは、「楽天でんわ」という専用アプリを使った通話です。

 

楽天でんわはよくあるIP電話でなく、電話回線を使っての通話となるので、音声品質にも問題ありません。

 

 

ワイモバイルの10分無料通話

 

格安SIMでなく、いちおうキャリアになりますがワイモバイルもおすすめです。

 

ワイモバイルは基本プランを契約すれば、1ヶ月の間に300回まで10分の無料通話ができます。

 

基本プランの最安値はスマホプランSの2,980円です。

 

 

ワイモバイルは音声通話はもちろん、データ通信も安定しているので、おすすめです。

 

NifmoのIP電話かけ放題

 

IP電話での無制限かけ放題プランを提供しているのがNifmoです。

 

通話品質が安定しないのがIP電話ですが、通話料金が固定になるのはかなりいいです。

 

月額1,700円(税抜き)という価格で安く利用することができます。

 

 

まとめ

 

 

 

ドコモのかけ放題プランに入らなくとも、格安SIMにもかけ放題プランは用意されています。

 

ドコモは実店舗があるので、アフターサービスを手厚くしたい人には向いています。

 

しかし、実店舗によるアフターサービスが不要なら、格安SIMは料金が安いのでオススメです。