手持ちスマホを格安スマホに!SIMロック解除が必要なケースと解除方法

 

「格安SIMを使って、手持ちのスマホを格安スマホにしたい」

 

キャリアの料金が高いため、このように考える方も増えてきました。

 

このページでは、そんな方のためにSIMロック解除が必要となるケースと解除方法について解説します。

 

 

SIMロックとは

 

SIMロック解除とは、文字通り「SIMロック」を解除することです。

 

では、SIMロックとは何なのでしょうか?

 

SIMロックとは、キャリアで購入したスマホにかけられている制限です。

 

簡単にいうと、スマホの中にはSIMカードという小さいカードが入っています。

 

このSIMカードは、ドコモ・au・ソフトンバンク・ワイモバイルそれぞれで違うものになります。

 

SIMロックがかかっていると、違う会社のSIMカードを使えなくなっています。

 

 

この制限のことを「SIMロック」と呼びます。

 

 

SIMフリースマホとSIMロックフリースマホ

 

ちなみに、もともとSIMロックがかかっていないスマホのことを、「SIMフリースマホ」と呼びます。

 

それに対して、SIMロック解除したスマホのことを「SIMロックフリースマホ」と呼んだりします。

 

 

 

SIMロック解除が必要なケース

 

手持ちのスマホで格安SIMを使う場合、SIMロック解除が必要とある場合と必要ない場合があります。

 

  • キャリアのスマホと違う回線の格安SIMを使う
  • au VoLTE対応の格安SIMを使うこと

 

 

SIMロックがかけられている場合、上記のどちらかに該当するとSIMロック解除が必要になります。

 

それぞれ、順に説明します。

 

 

キャリアのスマホと違う回線の格安SIMを使う場合

 

格安SIM(MVNO)は、キャリアの回線を借りて通信をしています。

 

ドコモ・au・ソフトンバンク・ワイモバイルどれかのキャリア回線を必ず利用しています。

 

そのため、SIMカードもキャリアのものになるので、手持ちのスマホと格安SIMの回線が同じキャリアである場合はSIMロック解除が不要となります。

 

ただ、例外もあり、それが次に紹介する「au VoLTE対応の格安SIMを使う場合」です。

 

 

au VoLTE対応の格安SIMを使う場合

 

「回線が同じであれば、SIMロック解除が不要」となっているのに、auのスマホでau VoLTE対応の格安SIMを利用する場合は、SIMロック解除が必要です。

 

これは、auが格安SIM(MVNO)を別の会社とみなして、SIMロック解除が必要になるようにしているからです。

 

そのため、au VoLTE対応SIMを使う場合は、SIMフリースマホでない限りはSIMロック解除が必要になります。

 

 

 

違う回線の格安SIMを使うときは周波数帯の確認も必要

 

同じキャリア回線の格安SIMを使う場合は、基本的に問題ないのですが、違うキャリア回線の格安SIMを使う場合は周波数帯(バンド)の確認が必要です。

 

実はキャリアごとに使用している電波の周波数帯(バンド)が違うため、スマホがうまく電波を受信できない場合があります。

 

そうならないために、スマホが受信できる周波数帯とキャリアが使用している周波数帯が一致することを確認しておきましょう。

 

 

 

キャリア別のSIMロック解除方法

 

キャリアごとにSIMロック解除対象となる端末と、手続き方法が違います。

 

それぞれ見てみましょう。

 

ドコモ

 

2011年4月以降でSIMロック解除対応している機種であれば、SIMロック解除ができます。

 

ただし、「2015年5月以降に発売された機種」と「2011年4月〜2015年4月に発売された機種」では手続きに違いがあります。

 

それぞれ、順に説明します。

 

2015年5月以降に発売された機種

 

下記の条件全てにあてはまるSIMロック解除対応機種であれば、SIMロック解除が可能です。

 

  • ネットワーク利用制限、おまかせロック等の各種ロックがかかっていないこと
  • 利用料金のお支払実績が確認できること
  • 契約者本人の購入履歴がある機種であること
  • 端末購入日から6か月以上経過していること
  • ドコモを解約済の場合、解約日から3か月以内であること

 

手続きの申し込み方法および手数料は下記の通りです。

 

申し込み方法 SIMロック解除手数料(税抜き)
パソコン・スマートフォンから(My Docomo) 無料
電話 3,000円
Docomoショップ 3,000円

 

 

2011年4月〜2015年4月に発売された機種

 

SIMロック解除対応機種であれば、SIMロック解除が可能です。

 

手続きは、ドコモショップのみで可能です。

 

SIMロック解除手数料は3,000円(税抜き)です。

 

 

au

 

下記3つの条件全てに当てはまっているスマホであれば、SIMロック解除が可能です。

 

  • 2015年5月以降に発売されたSIMロック解除対応機種であること
  • 機種購入日から181日目以降であること
  • ネットワーク利用制限中でないこと

 

 

手続きの申し込み方法および手数料は下記の通りです。

 

申し込み方法 SIMロック解除手数料(税抜き)
パソコン・スマートフォンから(My au) 無料
auショップ 3,000円

 

 

ソフトバンク

 

2015年5月以降に発売された機種か、2015年4月までに発売された機種かで異なります。

 

2015年5月以降に発売された機種

 

下記の条件全てに当てはまっているスマホであれば、SIMロック解除が可能です。

 

  • 製品の購入日から180日経過していること
  • 解約済み製品は、解約日から90日以内であること

 

手続きの申し込み方法および手数料は下記の通りです。

 

申し込み方法 SIMロック解除手数料(税抜き)
パソコン・スマートフォンから(My SoftBank) 無料
ソフトバンクショップ 3,000円

 

2015年4月までに発売された機種

 

SIMロック解除対応機種であれば、SIMロック解除が可能です。

 

手続きは、ソフトバンクショップのみで可能です。

 

SIMロック解除手数料は3,000円(税抜き)です。

 

 

 

まとめ

 

SIMロック解除と聞くと難しいイメージがありますが、手続き自体は簡単です。

 

それよりも、スマホが問題なく使えるか、周波数帯の確認などが重要になってきます。

 

事前に問題なく利用できるかチェックしておきましょう。