ドコモを解約しよう!違約金とそれ以外に気を付けること

 

 

 

ドコモを解約した時には、契約更新月以外に解約すると違約金が発生します。

 

違約金以外にも、いくつか気を付けることがあるので紹介していきたいと思います。

 

 

違約金以外に気を付けること

端末分割支払金の支払い

 

残金を全て支払う必要があります。

 

残金の支払い方法については、以下のどちらかを選ぶことができます。

 

  • 今まで通り月々ごとに分割金を支払い続ける
  • 解約時に残金を一括して支払う

 

懐具合によって、どちらにするかを決めるといいでしょう。

 

端末購入サポートを利用してスマホ端末を購入している場合、違約金が発生するかもしれません。

 

端末購入サポートによる違約金が発生しないかは事前に確認しておきましょう。

 

 

dポイントは基本的にそのまま残る

 

ドコモポイント時代は解約時にポイントが失効していたのですが、dポイントになってからはポイントは残るように改定されました。

 

ただし、解約の手続き前にdアカウントを持っていない場合はdポイントも失効するので注意してください。

 

本当はSIMカードはドコモに返却する

 

SIMカードはドコモの持ち物なので、本当は返却する必要があります。

 

ただし、解約をした際にSIMカードの返却を求められることはないです。
(私が解約した時も、SIMカードは返却していません。)

 

 

返すように言われたら返せばよいです。

 

SIMカードは解約時に用意するものとしてドコモのホームページに書かれているので、ドコモショップに行って解約をする場合はSIMカードを必ず持っていきましょう。

 

もちろん、スマホを持っていくので忘れることはないと思いますが。

 

ネットからMNP予約番号の発行をできない場合がある

 

インターネットからMNP予約番号の発行をできない場合があります。

 

発行できないケースは2つあります。

 

  • 一括請求、一括送付サービスの代表番号
  • 3回線以上のファミリー割引を契約の主回線

 

この場合、ショップに行くか電話(151)をして対応しないといけません。

 

 

 

万全の状態でドコモを解約しよう

 

 

 

違約金以外にも、気を付けなければいけないことはあります。

 

解約は一度しかできないので、事前にしっかりとチェックを行ってから解約をしましょう。